注意すべき事

悪質サイトは男性をターゲットにする

投稿日:2013年10月18日 更新日:

この記事の所要時間: 220

出会い系サイトでは悪質サイトがたくさん存在すると言われています。どのぐらい悪質サイトがあるのでしょう?それはどれだけアダルト系の出会い系サイトがあるか調べれば分かることなのです。つまり、アダルト色の強い出会い系サイトはほとんど悪質サイトだということです。出会い系サイトでは男性より女性の方が全体的に登録数は少ない世界です。だからこそ女性はどのサイトも無料になっています。もし男性が少ない市場だったら男性が無料になっていたかも知れません。それほど女性を獲得したいわけです。

出会いは男性と女性がいて初めて成り立つわけですから、多くの男性客を満足させるためには多くの女性が必要だというのがサイト側の正直な気持ちです。そうなると女性の登録したいようなサイトを目指すのが普通ですよね。もう一つ出会い系サイトで男性と女性の違いがあります。それが目的です。男性の多くはセフレ募集であるのに比べて女性は恋人募集なのです。つまりそのときだけの関係というより、お付き合いしたいという目的の方が多いのです。

もちろんセフレ募集の女性もいますが、別にアダルト系の強いサイトでなくてもいくらでも相手は見つかります。それほど女性がモテる世界なのです。それなのに、わざわざアダルト系が強いサイトに登録するかというとしません。やはりどんな男性が来るか分からないという不安もありますし、あまりにも女性をオモチャのように思っているような男目線のサイトは女性は好まないのです。
つまり、女性の好まないサイトには女性は集まらないということです。せめて売春や援助の女性が登録する程度です。では、それでもサイトが成り立っているというのはどういうことなのでしょう?

それはサクラを使ったサクラサイトということなのです。サクラのたくさんいるサクラサイトでは、どんどんポイントを使わせて男性を騙すという運営になっていきます。つまり優良サイトは女性をターゲットにし、悪質サイトは男性をターゲットにするということが分かります。女性をターゲットにするには、女性の読む雑誌などに広告を出すことが多いです。逆に悪質サイトは女性より男性の目に触れるところに広告を出し、思いっきり男性のH心をくすぐるようなサイト広告を作っています。

このように男性をターゲットにしていたら、女性など登録してきません。そうなれば当然女性の代わりはサクラということになります。つまり男性は悪質サイトに引っ掛かったと嘆く前に、みすみす悪質だとしか考えられないようなサイトに登録していることを反省するべきかもしれません。

あくまでも男性と女性では目的も違うし、好みも違うあということを知っておくことが必要ではないでしょうか。それをしっかりつかんでいれば、大きな失敗は起らないはずなのです。

-注意すべき事

Copyright© 全国逆援助募集.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.